前回の続きです。尾壺城と佐竹氏ですが、当方の先祖の杉田家が尾壺山の麓に住んでおりました、現在は姓も居住区も違いますが、杉田姓は八幡町でも郡上市でもほとんど無い苗字で、又、ネットですが苗字で調べてみると『現福島県西半部である岩代国安達郡杉田村が起源』っとなっていました。
情報が本当なら福島は常陸にも含まれるので『もしかしたらそっち方面から佐竹氏系に付いてきた!?』『その関係で家紋も扇使用!?』と勝手な推測もしました。。
この杉田家は最終的に郡上藩士となったわけですが、杉田家以前の血筋をたどると、熊崎家と言う家から出て杉田家の跡継ぎとして養子入りしたようで、熊崎家とは調べられる限り熊崎代右衛門○○と四代ほど溯ることができ、同じく武家でした。杉田家も熊崎家も郡上史に記載され青山家時代等は関所番等も務めているようです。特に杉田家の方が剣の武功(剣師範)があった武家で、郡上八幡城の大門守り等もしてたようです『まあ門番ですが(笑)』俸禄の関係もあり家督相続をしたようです。
熊崎家というのは金森家に仕えていて宝暦騒動後には青山家に召し抱えられたようですが、熊崎姓から見ると飛騨、下呂、方面に多く元々三木氏(姉小路)の家臣系列だった可能性もあると勝手に推測しました。
結局当方血筋、熊崎代右衛門の士族名も最後に跡継ぎがなく養子を取ったものの断絶してしまったようです。。
熊崎家系は置いといて、杉田家のお話も含めこの郡上に居たと伝う佐竹氏について詳しく聞こうと思い、大乗寺の高橋ご住職にお話を聞きに伺ってみました!
IMG_20160516_200545
『突撃隣の佐竹洞!』(アポはちゃんと取りました)
…実際は佐竹氏の伝承は大乗寺が建立される以前の事なので、佐竹氏の墓と伝う墓石群や佐竹洞も伝説であって明確な事実は不明のようです。墓石の彫刻文字も雨水で浸食され消えてしまったようです。。しかし大乗寺が建立される前に確かに、ある一族が尾壺山近辺におりその集落跡地に大乗寺が立てられ、お墓もその一族の墓石群だと言う事でした。
『その一族は勝手に佐竹氏を名乗ったのか?だとしてもなぜ佐竹氏を?近親の一族だった?ファンだった?実は杉田の先祖で勝手に名乗った?(笑)』などと色々な思いが頭を巡りました。。
ご住職のお話では、以前美濃に居たと伝う佐竹一族は最終的に佐藤姓に改名したらしく、その後金森家に吸収される事もあったとお話しされました。当方の杉田家についてはもう少し詳しく調べないといけないのですが、墓所は八幡町内の『てっ草園』で有名な慈恩禅寺にあります。
『火のないところに煙は立たぬで』佐竹洞伝承や佐竹一族のお墓として伝承があるように実際に佐竹氏を名乗る一族が群落を作っており、戦国時代の東氏や末期の遠藤氏がその場所を利用して砦を築いた可能性も十分有るように思われますが、今のところ真相は謎のままです。。。
IMG_20160514_133609
『大乗寺墓所(上写真)佐竹一族の墓石群、(下写真)屋根型墓石が
佐竹蔵人の墓石と伝われている。』


【中古】鷺山仙道遺跡
【中古】鷺山仙道遺跡