本日は生憎の小雨ながらも、野中稲荷神社の彼岸祭が行われました。
『やなか水のこみちの奥にあり、稲荷町3丁筋の入り口にあたります。この辺りは古くは郡上藩の藩士の住居が造られており、3筋の南側は、江戸時代初めの遠藤氏時代からの藩屋敷があり、三代藩主遠藤常友の弟大助が家臣と共に住んだ長屋群もあったとされ江戸時代後期の青山氏時代にはすべて足軽屋敷となり、全五十八戸あったとされています。詳しい由来は不明ですが、遠藤家の屋敷神の野中稲荷があったから、又は丹後の宮津から来た宮地又平がここに稲荷を遷座したとも伝えられ青山氏家中の氏神となっていた史実もあるようです。』
image

image