カテゴリ:歴史

両面宿儺(りょうめんすくな)は仁徳天皇の時代に飛騨に現れたとされる二面と4本手の異形の鬼神とされており、主に飛騨地方にその痕跡が残っているようです。後に武振熊命に討伐されますが、龍退治や寺院の開基となった豪族であるとの伝説もあるようです。この両面宿儺を郡上 ...

郡上踊り盂蘭盆会(徹夜おどり)です!日程中混雑が予想されます、お気をつけてお越しくださいませ!当店も13日〜16日まで徹夜営業致します!お待ちしております ...

寛文年間1600年代、お店界隈は郡上藩城主の弟にあたる遠藤大助の屋敷があったとされています。又、遠藤氏以降は足軽や下級武士の長屋にもなっていたようです。その因果かお土産も鍛冶屋の様な品ぞろえになってきました・・・ロロノアゾロみたいな剣士の方も、そうでない方も ...

郡上市の美並町に藤原高光の瓢ヶ岳(ふくべがたけ)の鬼退治という鬼にまつわる伝説がありますが。(鬼の首は和良町念興寺に祀られています)郡上市の明宝の気良(けら)地域には天狗伝説が残っています。明宝地区の史跡で有名なのは宇治川合戦の梶原景季が源頼朝より授かった名 ...

野中稲荷神社に由来看板が立ちました! ただ稲荷神社はともかく野中(やなか)の意味をたまに尋ねられるのですが、明細は不明です💧 大昔は近隣の吉田川が今より山沿いにあったようで、現在の新町商店街辺りも川原だったようです、簡単に解釈すれば、野の中だったからかもです ...

↑このページのトップヘ