カテゴリ:歴史

本日は生憎の小雨ながらも、野中稲荷神社の彼岸祭が行われました。 『やなか水のこみちの奥にあり、稲荷町3丁筋の入り口にあたります。この辺りは古くは郡上藩の藩士の住居が造られており、3筋の南側は、江戸時代初めの遠藤氏時代からの藩屋敷があり、三代藩主遠藤常友の弟大 ...

今日も一日お疲れ様でございました!明日の土曜は岐阜市では壮大で有名な長良川花火大会があるようですね郡上八幡では郡上踊りもありますので是非こちらにも足を運んでくださいね!郡上踊り場所は川原町『慈恩禅寺弁天祭』『乙姫水神祭』です!慈恩禅寺は奥庭の荎草園が有名 ...

今日の郡上踊りは寛文7年、八幡城を改修した節に、城下から約350kg(成人男性約5人分⁉)の重量の大石を担ぎ上げて登ったという力石伝説の『赤髭作兵衛』の慰霊祭です。350㎏持ち上げる怪力で赤髭と言う呼称だと日本人離れした巨漢で、外国人レスラーを想像してしまうのは私 ...

前回の続きです。尾壺城と佐竹氏ですが、当方の先祖の杉田家が尾壺山の麓に住んでおりました、現在は姓も居住区も違いますが、杉田姓は八幡町でも郡上市でもほとんど無い苗字で、又、ネットですが苗字で調べてみると『現福島県西半部である岩代国安達郡杉田村が起源』っとな ...

郡上八幡城から西に500m程の場所に『尾崎』『向山』と言う山と川に挟まれた地区があります、その地区の山の裏手は『五町』といい少し開けた地区で、堺の山を尾壺山(五丁山)と呼びます。近代では一部には公園等も出来て公園内には郡上踊り独力先人顕彰碑、郡上踊句碑などが立 ...

↑このページのトップヘ